解説します。

眼球の周りに流れるたくさんの毛細血管を通って、目に栄養や酸素が送り込まれています。その血流を促すために、たくさんの筋肉もついています。そして、眼球を守っているの眼窩脂肪です。クッションのような役割をしていて、眼球を覆うようについています。その脂肪が落ちてしまわないように支えているのが瞼です。瞼の皮膚は非常に薄く、皮脂腺も少ないため、乾燥しやすい部分です。また、こすったりするなどの刺激によって、肌トラブルが起きやすい部分でもあります。代表的なのが目の下のクマです。クマと一口に言ってもいくつかの種類があり、原因と対処法が違ってきます。

色素沈着から引き起こされるのが茶グマです。紫外線から受けたダメージ、目のこすり過ぎ、アトピー性皮膚炎、乾燥による痒み、化粧品かぶれなどにより色素沈着していることが考えられます。ビタミン誘導体配合のものなど、美白効果のあるコスメを使用してスキンケアを行いましょう。血行不良によるものは青グマです。

冷え、生活習慣やホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や過労、ストレス、目の疲れなどにより、目の周りにある毛細血管を通る血流が滞ってしまっているかもしれません。マッサージやホットパックなどを使用して血流を良くしましょう。たるみや皮膚のへこみなどが原因なのが黒グマです。皮膚自体に原因があるため、医師による専門的な治療が必要かもしれません。このように、クマといってもいくつかの種類があります。なので、何が原因かを考え、自分にあった方法でクマを解消しましょう。

目のクマの治し方